Profile

CAN-D/Masafumi Nakao

80年代の終わり、愛知より上京。機械を操ることが好きなことを活かし、当時まだあまり一般 的ではなかったMacによる音楽制作を一早く導入。マニピュレーターとしてのキャリアをスタート させる。90年代に入り、打ち込み等の需要が増えたことで、数々の音楽制作にかかわるようにな るのと同時に、レコーディングで培われたノウハウと共に、多数のアーティストのステージに、サ ポートとして参加。2000年を迎える頃には、マニピュレーターとしてだけでなく、作詞、作曲、ア レンジ等にも精力的に取り組み、より仕事の幅を広げていくこととなる。

2002 年に CANDY ZIG XXX を結成。ロックからテクノまでバラエティーに富んだアルバム 「FLEX MIXTURE」をリリースしたが、04 年に活動停止。その後、サウンドプロデューサーとして 数々の作品を手がける傍ら、テクノ/トランス / EDMのトラックメーカーとして新たなフィールド で活躍。いまでは、音楽制作だけでなく、デザインやアートなども積極的に取り組むなど、マルチ な才能をいかんなく発揮しながら、日々新たなサウンドを追い求めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*